不定期連載 さゆみんとわたし 第19回「道」

物の弾みで取ってしまった舞台のチケットを手放すことも出来ず、日曜日に東京へ行ってきた。

せっかく行くなら、と入り組んだ路線図と夜な夜なにらみ合いをした結果、新大阪を出たのが朝の7:50。

新幹線の車内の文字盤に流れる、…ノーベル賞授賞式ボブ・ディランさんは...欠席

やっぱりかぁ。

走り去る景色の中に富士山のお出まし。鎮座されてる。山頂は白く雪が積もっていた。うとうとし始めたころ、東京到着。

 

浅草

平静を装いつつ山手線で神田へ、東京メトロの銀座線に乗り換えて浅草へ。

当然みんなエスカレーター左に立つし、関東弁。なんというか、シュッとしてる。 あ、シュッとしてるって伝わらんのかな...。ロスト・イン・トランスレーション。スカヨハちゃん。映画まだ見てないけど。。

などとぼんやり人の流れに身をまかせ、歩いている内に雷門が現れた。

これこれ。ちゃんと着いた。

浅草には小学生のころ家族で一度来たことがあって、家にある写真も今みたいに人でいっぱいだった。

仲見世通りを歩く心のBGMはもちろんこの曲

www.youtube.com

Forever...

 

路地からスカイツリーが見えた。初めて見た。通天閣みたい、と咄嗟に思ってしまって何だか申し訳ない気持ち。

本堂に近づき、視界に入る「みくじ」の看板。あぁ、みくじ・・・!

先にお参り。少しためらった後、これ下さいと、ピンク色のお守りを頂く。

お参りを済ませ、さあ本題。「みくじ」の周りをうろつく。同じのどこやろう。

f:id:iixviiiv:20161212233118j:plain

ここかぁ!

どんな風にこの景色が映ったのかなと、あたりを見渡して。

どんな思いでこれを引いたのかなと、銀色の六角形の筒を振って。

 

みくじの結果は、、、

f:id:iixviiiv:20161213194832j:image

 

 

・・・・・・・・・吉かいっ!

けれど、読んでみるとその意味がすとんと理解できた。道重さんが再生した今、わたしの運命は吉に決まってる。

春になればようやく運が向いてきましょう、と書かれてあって、それだけでもうここへ来た甲斐があったなぁと思えた。

天気も良く、めっちゃ吉やわぁと呑気にお土産を見ながら歩き、次に目指す花やしき方面が真逆なことに気づいたのが雷門を出てから。

お忘れかと思いますが、そもそも舞台を見に来たので13時には渋谷へ着いていなければならず、しかし、さゅぇりヲタとしては花やしきを見て帰りたい。今度いつ来られるか分からんし...。

真っ黒なバンの車上で演説する右翼、それを写真におさめる観光客、人力車の勧誘、などなどを尻目にぐんぐん歩く。

f:id:iixviiiv:20161213000942j:plain

花やしき周辺は人通りも少なく、昼間から呑んでいる人がいて、新世界に似てるなぁと少し落ち着いた。知ってる雰囲気。今度来るときはだれか誘ってもんじゃ食べたいなぁ。

f:id:iixviiiv:20161213020033j:image

 

渋谷

とりあえず第一ミッションはクリアしたので、急いで渋谷へ。

つくばエクスプレスというのに乗って、(TXってエクスプレスの頭文字Eやけど、ここはあえてXなんやな、たしかにTEよりTXの方がシュッとしてるし...)秋葉原で再び山手線に乗り換えて渋谷へ。

今日めっちゃ電車乗る。階段降りたり登ったり。きっともっとスマートな移動方法や、お得なチケットがあるんだろうと思う。とにかくGoogle先生の指示に従い、ちまちまと切符を買う。

ハチ公、交差点、109。テレビでよく見るやつ。自分がなぜここにいるのか不思議。

TSUTAYAの正面でPPAPのCDが叩き売りみたいに売られてる。寅さんや。

PPAPはよく知らない。

f:id:iixviiiv:20161213003622j:plain

ここの見てみたかったなぁ。2年後の今はEXOに染まってる。EXOは知ってる。

再び平然を装い、シアターコクーンを目指す。交差点渡って斜めにまっすぐ行けばいいって昨日大阪の友だちに教えてもらった。

お昼ご飯は食べそびれた。寒さと空腹。

f:id:iixviiiv:20161213004100j:plain

双眼鏡を忘れたから、それが虹郎くんと分かるまで少しかかって、分かってからは、声がいいなと思った。 話は正直よく分からなかったけど、KYON2の喫煙シーンや、舞台の美しさは鮮やかに残像が残ってる。帰宅してから「観劇を10倍楽しむ方法」みたいなまとめをいくつか読んで、あらすじを知ってたほうが良かったのか、と思った。

あまり良い観客とは言えなかったな、と申し訳ない気持ちでそそくさと渋谷を後にしたのが17時前。

寒さ、空腹、睡魔。←NEW!

しかし、わたしにはまだまだ行くところがあって。

 

武蔵小山

山手線で目黒まで、そこから東急目黒線に乗り換えて武蔵小山へ。ほぼ住民しか降りない駅。

やってきました武蔵小山商店街パルム!

はるばる大阪から来たのが ほんとうにここで良かったのか。不安とともに歩き進め、商店街の終わりが見えてきたその時、、、

f:id:iixviiiv:20161213012608j:image

さぼてん!

ロケが行われたのはわたしが歩いて来たのと逆方向からだったのか。

f:id:iixviiiv:20161213014241j:image

よく考えると放送から6年以上は経つので、もちろんいくつかのお店は変わり、工事中のところも多かった。

f:id:iixviiiv:20161213014256j:image

ミディトマトの八百屋さん、サルビアモンテネグロのお花屋さんが今もあって良かった。 

さゅぇりはどこへ行ってもすごく楽しかったんやろうな。隣にお互いがいること。同じものを見て笑いあえること。

 

六本木

いよいよ最後のミッションへ。

ここがいちばん苦労した。ROPPONGI。

(わたしの思う東京は真・女神転生の影響を大きく受けています。)

無事に東京ミッドタウンに着いたものの、どれがミッドタウンなのかさっぱり分からず。この建物?この辺り一帯?

人についていくとイルミネーションが何やら凄いエリアに出て、群衆の中で外国人が「TOSHIBA」と言っていた。やっぱ東京すごいなぁ。

それで、ツリーはどこ。

ぐるぐる歩いても見つからず新幹線の時間も近づいて、結局、案内の人に聞いてみると地図を広げて教えてくれた。

f:id:iixviiiv:20161213222556j:image

ツリーは想像よりこじんまりとしていた。

ここやね、山木さん!

 

キラキラした都会。

浅草、渋谷、六本木。この東京が、道重さんの生きている場所。

こんなにたくさん人がいて、わたしの好きな人はここには一人もいない。今日1日だけでもホームシックになってしまったけど、道重さんはこの街が好きかな。宇部と同じくらい、もしかしたらそれ以上に多くの思い出が息づくこの街を。

 

出会いを重ねるごとに、道はどんどん増えていく。

道重さんを好きな気持ちが、わたしをここへ連れてきてくれたみたいに。

どこへ続いていくのかは分からないけど、今はそれが素直に楽しみだ。

 

不定期連載 さゆみんとわたし 第18回 「再生」

美容室から出てすぐさまスマホを見ると、道重さんのブログの更新を告げる新着メールが届いていました。

「いちから」という4文字から放たれる、まっさらな白い光。そう、ピンク色じゃなくて。

来年の春ごろ。新しい感覚のパフォーマンスって何なんだろう。あと半年で、わたしは何をしよう、良い状態で会いにいけるようにしたい。

そう思うと自転車のペダルを漕ぐ足に力がみなぎり、雲ひとつなく晴れ渡った空はどこまでも澄んで、いつもの町の景色も輝いて見えました。

クリスマス、お正月、そして春。

こんなにも明日へ、未来へ、希望を持てるのはいつ以来だろう。

こみ上げる嬉しさがゆっくりと自分のすみずみまで沁み渡っていくのを感じました。

 

家に着いてすぐ、何かに駆り立てられるかのように部屋の片付けをはじめました。

見慣れた本を改めて手に取ってみると、特に読み返しもしないのに何でずっと大事に置いてたんかな、と思うものがほとんどでした。確かにどれも思い入れがあったり、深く心を動かされたものではあるけど、それはもうそこで役目を果たしているから手放していいんだ、ということに気がつきました。

どんどんと本棚は空き、その中で残ったものは、自分にとってほんとうに必要なものが何かということを教えてくれていました。

 

ついに迎えることができた「いつか」は、想像していたよりずっと穏やかなものでした。

常盤駅から見た、きらきらと光る海のように。 

 

光を取り戻した世界が、静かに再生しはじめる。

 

さゆみん、おかえり。

不定期連載 さゆみんとわたし 第17回「ここにいるぜぇ!」

昨日11月5日、道重さんがモーニング娘。を卒業してから5回目のブログが更新されました。

今回は「さかな」というタイトルで、お寿司のことを話していました。きっと今夜から「お寿司食べたよ」というファンの報告が絶えないだろうな、と思い、そんなファンとのいたちごっこ、もしくはコール&レスポンスを、道重さんはどこかで楽しんでいるような気がします。

ネットパトローラーを自称するほどの方ですから。

昔、自分で作ったこの加工画を思い出しました。

f:id:iixviiiv:20161106111733j:image

 

道重さんはいつも先を歩いていて。

でもその距離感は、とてもあたたかくて。

 

―友達のようでいて  他人のように遠い

愛しい距離が  ここにはいつもあるよ―

ハナレグミ「家族の風景」

この歌詞のように、家族的な親近感を感じています。(慣れ慣れしいとはちょっと違うはず。)

 

道重さんはGREEブログをはじめた頃に、こう話していました。

 

「自分一人がやってるわけではなくてみなさんと一緒にやってる…」

 

「心強い味方ができて、とても嬉しいですo(^-^)o

ここのタイトルは道重さゆみのブログではぁりますが、み~んなのブログですからね☆♪」

GREE

 

アメブロのコメント欄をときどき読むと、ファンのみなさんが今日あったことや、何気無い話をしていて、ほんとうに道重さんの目指した「ここ」になっているなぁと思います。

卒業後、更新がされなくても、道重さんとは「ここ」で繋がっているという思いが不思議とありました。

心の拠り所を残してくれたこと、繋がりを保ってくれていたこと。

そんな、道重さんのファンへの深い思いやりが、わたしは大好きです。

 

「み」「ち」「し」「げ」ときて、「さ」

わたしの運命をも変えてしまいそうな次回の更新を、少しの不安と、たくさんの期待とともに、待ち望んでいます。

何より、みんな変わらず「ここ」にいることが、わたしはとてもうれしいです。

 

Perfumeとわたし(上)

いやぁー、のっち!

 

というわけで、今日はPerfumeのコンサートへ行ってきました。

f:id:iixviiiv:20161023225341j:plain

 

 

f:id:iixviiiv:20161023225404j:plain

 

前回来た2013年のLEVEL∃から早3年。

あれ、そんなに?と思いを巡らすと、わたしがPerfumeから遠ざかっていた個人的な理由はハッキリと思い当たりました。

大好きな大好きな、モーニング娘。’14

ひとつ言い訳をさせて頂くと、モーニング娘。を見始めたのは、そもそものっちがHelp Me!好きっていうから……。何ならももクロだって……。

 

Perfumeを聴き始めたのは、大学で友だちになった広島出身のHちゃんが勧めてくれたのがきっかけでした。今の自分からは想像もつきませんが、実を言うと、初めは「アイドルかぁ…」と敬遠気味でした。でもHちゃんとは音楽の趣向がとても合うので、きっといいんだろうなぁと思いつつ。

 

在学中の4年間、そのHちゃんともう一人の友だちYとわたしとの3人でよくつるんでいて、卒業が近づき、Yは就職で東京へ行くことになりました。

そんなころのカラオケで、HちゃんがYへ歌ったのがこの曲でした。

www.youtube.com

 

みんなそれぞれ違う道を歩み始めること。今がもう戻らないこと。不安、期待。

そういったすべてがとてもきれいにみえて。

「......Perfumeめっちゃいいな!」「でしょ!」

(ちなみに私が歌ったのはくるりの「東京」でした。)

 

それからは来る日も来る日も動画を漁り、楽曲を聴き漁り。

GAMEこっそり練習したり。

edge⊿-mixセンターアングル、何度見たことか。

コンベスのかわいいメロディーとほろ苦い歌詞とのギャップに打ちのめされたり。

何より、彼女たちのこれまで積み重ねてきた歳月に涙し。

もしあの「ワンルーム・ディスコ」が無ければ、わたしはアイドルというカテゴリーに偏見を持ったままで、ももクロにも出会わず、道重さんにも出会えなかったのかもしれないなと時折思います。

カラオケの画面を見ながら抱いた、切ない気持ちを思い出しながら。
 

初めて買ったシングルは「ナチュラルに恋して」でした。Mステ録画して練習したなぁ。こっそり。

それが2010年。

わたしが亀井絵里ちゃんのことを知るのは、あと3年先の話です。(涙)

 

Perfumeに出会ってから、それまで知らなかったテクノやエレクトロというジャンルを聴くようになりました。

YMOクラフトワークPassion PitCrystal Castles、JUSTICE、sebastiAn、CSS、MSTRKRFT、Siriusmo。

まさにsee new world。

 

そして2011年、ももクロに出会い。

2012年、エビ中に出会い。

2013年、モーニング娘。に出会い。

 2014年、道重さんが卒業し。

 

そんなこんなで迎えた2016年。

やー、楽しかった!

そんなこんなを全部ひっくるめて、Perfumeを好きでよかったなと心から思えました。

 

前置きが長くなりすぎてしまったので、肝心のコンサートのことは次回に続けたいと思います。

 

to be continue...

 

 

誕生月

最近、服を何着か買った。

誕生日が近いという、ありがちな財布の紐のゆるみ方を加味しても、平常CDや本にしかお金を使わない自分としては珍しいことだ。

気に入ったものをボロボロになるまで着る傾向のあることに最近気づき、飽きのこない長く着られるものを少しずつ揃えていくことにした。

(中学生のとき梅田のキディランドで買ってもらったウンジャマラミーのフード付のパーカーをパジャマにしていたけど、さすがに幼いかなと数年前に処分したことを今も後悔している。)

 

今日は白いシャツを買った。
値の張った買いものだったけど、そのことでかえって「この服に見合う自分にならないと」と気が引きしまり、またがんばってお給金いただこうと思えた。よい買いものができた。

自分のことは知らないことが多い。

こういうとこけっこうケチるよね、とか。

自分に甘い割に人に厳しい、とか。

ぜんぜん人の話聞いてないな、って改めて感じたり。

いや、誰より知ってるから、目を背けたり、認めたくないだけなのか。

 

ひとつずつ受け入れることで、自分の未知の部分が埋められていく。

そうやって自分の地図を完成させていくことが、大人になるということなのかもしれない。

迷子にならないで、落ち着きをもった大人に。

 

そう思うと、年を重ねることが少し楽しみになった。

わたしも更新、、、してみた。

買い物に出かけようと玄関を出て間もなく、一通の新着メールが届きました。

 

 

f:id:iixviiiv:20161002212515j:plain

 

 

・・・え?

・・・・・・えぇ!!!???

 

みなさん|道重さゆみオフィシャルブログ「サユミンランドール」Powered by Ameba

 

出かけなければ。

けど。

 

えーーーーー!!!!????

twitterを確認すると、TLは予想したとおり「ちゃゆううううう」で埋め尽くされていて。

横浜アリーナでみたピンク色みたいに。

「ちゃゆなの?」という見なれた言葉が、これほど切実に心に迫ってきたことは初めてでした。

 

そこから駅までふわふわした気持ちのまま歩き、電車に乗っている間じゅうも、まだこれが現実なのか信じられないままで。

 

道重さんが卒業してから、物理的な距離はあっても精神的な距離は何ら変わりないんだと思ってきましたが、それは自分を支えるための暗示に過ぎなかったことに気が付きました。

たった2行でこんなに心がかき乱されるなんて。

頭の中では、Perfumeの「おいしいレシピ」の一節を思い出していました。

私の温度をいつも調理

上げたり下げたりしてください

君の特別になれなくても

あたしの特別はひとつだけ

横浜アリーナで過ごしたあの日から、これほどまでにわたしの温度が上がったことはありませんでした。わたしの特別はほんとうにひとつだけなんだと、しみじみ思いました。

 

次に思い浮かんだのは「the best thing」でした。

行くつもりにしていたライブも舞台も全部行けなくていい。

これからのすべてを捧げる覚悟は自分の中でとっくに出来てることを確認しました。

 (向こうにそのつもりがあるなら、ですが。。)

 

そう、買い物。

今日はひさしぶりに母と一緒に出てきていたのでちゃんと楽しもうと、気になるTLからはいったん離れて。

あれこれ話しながら買い物をしたり、お昼を食べたり。

そんないつもと変わらない時間も、ずっとずっとうれしい気持ちが続いていて。

道重さんがいるだけで自分の世界はこんなに変わってしまうのかということを、改めて感じられた数時間でした。

あなたを思い出したら

ただそれだけでも

命がまた動き出す

salyu/プラットホーム

道重さんのことを神格化する傾向はあまり好きではありませんが、TLの盛り上がりをみていると「まるで天照大神・・・」と、つい思ってしまいました。

 

今後の活動についてはどちらでもよいなぁと思うのが正直なところで、それはブログが更新されても変わらない心境です。

ただ、道重さん。

あなたはもっと多くの人に、たくさん、たくさん、愛されなければいけない人だと思いました。

 

あなたの言葉、あなたの存在が、これほどまでにたくさんの人たちを喜びで満たしてくれているのだから。

 

 

みなさん!

今日は思う存分叫びましょう!

 

かわいい子は~?

せーの!

 

www.youtube.com

 

道重さんに会った日のこと

2013.9.1 

「わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団」発売記念ミニライブ&握手会イベント/千里セルシー

2013.9.1 - Doing All Write

 

2013.11.11 

モーニング娘。コンサートツアー2013秋~CHANCE!~ /神戸国際会館 こくさいホール

前半 後半 おわりに

 

2014.2.16

Hello! Project 2014 WINTER~DE-HA MiX~/オリックス劇場

その1 その2 その3 その4

 

2014.3.1

モーニング娘。'14 55thシングル「笑顔の君は太陽さ/君の代わりは居やしない/What is LOVE?」発売記念イベント /大阪・御堂会館

2014.3.1 - Doing All Write

 

2014.4.29

モーニング娘。'14コンサートツアー春~エヴォリューション~/山口・周南市文化会館

2014.4.29 - Doing All Write

2014.4.29 | Flickr

 

2014.7.26

Hello! Project 2014 SUMMER~YAPPARI!~ /オリックス劇場

2014.7.26 - Doing All Write

 

2014.7.27

Hello! Project 2014 SUMMER~KOREZO!~/オリックス劇場

2014.7.27 - Doing All Write

 

2014.10.11

モーニング娘。'14コンサートツアー秋 GIVE ME MORE LOVE~道重さゆみ卒業記念スペシャル~/NHK大阪ホール

2014.10.11 (45/100) - Doing All Write

 

2014.10.12

uP!!!presents MBS音祭2014 Final Party/大阪城ホール

2014.10.12(44/100) - Doing All Write

 

2014.10.25

モーニング娘。'14 57thシングル「TIKI BUN/シャバダバダ ドゥ~/見返り美人」発売記念個別握手会/ATC(O's棟北館4F)

2015.10.25 (31/100) - Doing All Write

 

2014.11.2

モーニング娘。'14コンサートツアー秋 GIVE ME MORE LOVE~道重さゆみ卒業記念スペシャル~/山口・周南市文化会館

2014.11.2 (23/100) - Doing All Write

2014.11.2-2014.11.3 | Flickr

 

2014.11.15

モーニング娘。'14コンサートツアー秋 GIVE ME MORE LOVE~道重さゆみ卒業記念スペシャル~/NHK大阪ホール

2014.11.15 (10/100)... - Doing All Write

 

2014.11.26

モーニング娘。'14コンサートツアー秋 GIVE ME MORE LOVE~道重さゆみ卒業記念スペシャル~/横浜アリーナ

2014.11.26 (0/100) - Doing All Write

2014.11.26 | Flickr

 

 

Special Thanks

ハロプロカレンダー