感想文

カーネーション感想

聡子に負けないくらい泣いて、完全に鼻がつまって口呼吸しかできず。「泣くことのほどちゃう」という声がどこからともなく聞こえるような。 一人の生き方というより、その人が周りをどう愛したかのほうが記憶に残るドラマだった。 誰かを愛した分だけ、自分…

『SAYUMINGLANDOLL~宿命~オリジナルサウンドトラック』に寄せて

はじめに 2018年7月、1枚のアルバムが一般発売されました。(会場では4月より先行販売。) natalie.mu 舞台本編を見ていない方や、「元モー娘。」としか道重さゆみを知らない方にこそ届いてほしい。しかしサウンドトラックという性格上、リスナーが限定されて…

道重さゆみ『SAYUMINGLANDOLL〜再生〜オリジナルサウンドトラック』全曲レビュー

1.エウロパ〜むかしむかし[Reading] 自分の部屋が道重さんで満たされていく。夢にも見なかったような日々の中にいる。 2.団長ガナシのドール箱[Inst]光が見える。うつくしい夢を思い出すように。 3.再生〜わたしはここにいるわ〜何があってもこれから先…

愛を露(あらわ)に

今日経験したことのほとんどはうまく表現しきれないし、その中には自分の奥底に大事にしまっておきたいものもある。 今は信じがたいけど、きっとみんな忘れてしまう。だから、いつか今日のことを思い出す手がかりになるよう、輪郭線だけでも描き残しておきた…

Tears Dry On Their Own

映画を見てから丸一日が経過しても、電車に乗っているときや、ゴミ出しのエレベーターの中で、エイミーのことを考えている。歌声が頭の中を流れている。 ドキュメンタリーといっても、そこには監督の主観が加味されているし、彼女が実際何をどう考えていたか…

キョンキョン

新神戸オリエンタル劇場へ、舞台『日の本一の大悪党』を観に行ってきました。 「 なんてったってアイドル」のリリース年に生まれたわたしがキョンキョンに関心を持ちはじめたのは、讀賣新聞の書評がきっかけでした。 自分の経験を交えた、書評というより随筆…

あかりんに初めて会った日のこと

阪急電車に乗って兵庫県立芸術文化センターへ。今日は、あかりんを観にいく日。今年は足かけ4年でももクロに会え、こうしてあかりんにも。不思議な年だ。観劇の経験は片手で足りるほどで、開演まで落ち着かずキョロキョロとしてしまう。案外女性が多い。子ど…

Healing Music

CD屋さんに見当たらず、とりあえずiTunesで購入。Ensemble Dal Nienteとは、シカゴ拠点のコンテンポラリー・クラシカル・アンサンブル。Deerhoofとは以前にも共演している。らしい。詳しいことは何も分からない。このアルバムの良さをどう表現していいかも。…